JR九州観光特急『指宿のたまて箱』運行10周年

JR九州の九州新幹線全線開通が10周年なら、鹿児島中央駅 – 指宿間を走る観光特急『指宿のたまて箱』も運行10周年。乗客に記念品を贈答したり、小さなお祝い演出がされた。

観光協会会長による「昔は指宿と言えば砂蒸しだったが最近では”いぶたま”も認知されている」の言葉通り、一定の人気を獲得している。運行開始当初は人気すぎてなかなか予約が取れない状況があったように記憶している。数年前には利用者も100万人を突破しており、指宿の観光コンテンツとして定着している様子。

「指宿のたまて箱」運行10周年 指宿市民が祝賀ムードを演出

JR九州の観光特急「指宿のたまて箱」は12日、運行10周年を迎えた。指宿市民が駅や沿線で乗客を歓迎す…

もっと読む (南日本新聞 Powered by nordot)

©️ SHORTCAKE, All rights reserved.