馬毛島の所有会社が国との交渉を打ち切り

交渉はほぼ大詰め、のような記事を見かけたような気がする直後のこの記事なので、急転直下です。一体何があったんでしょうか。

記事によれば、2019年1月には160億円での売却で両社合意していたと見られる、馬毛島所有企業のタストン・エアポート社と防衛省と売却交渉が2019年2月の社長交代に伴う関係悪化を契機に交渉打ち切りが通告されたとのことです。


▼記事参照元
馬毛島所有会社「縁切られた」国に交渉打ち切り通告

米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地とされる馬毛(まげ)島(鹿児島県)について、島の大半を所有するタストン・エアポート社(東京都)が、防衛省との間で進めていた売却交渉を打ち切ると同省に通告したことが分かった。両者は1月、160億円で売買すると合意したが、2月に同社の社長が交代した後、関係が悪化。今春ともされていた正式契約は見通せなくなった。… …

Image source: https://www.asahi.com/articles/ASM575JPPM57UTIL02N.html

©️ SHORTCAKE, All rights reserved.